会社案内

  1. 会社概要
  2. 沿革
  3. 出資会社
  4. 社長あいさつ
  5. 部署長あいさつ
  6. アクセス

タブ内容を展開する(公開サイトには表示されません)

タブ1(公開サイトには表示されません)

会社概要 Outline

商号 サンアプロ株式会社
San-Apro Ltd.
代表者名 代表取締役社長  菅原 智
本社所在地

〒605-0995 京都府京都市東山区一橋野本町11-1
TEL:075-382-1588 / FAX:075-382-1577

設立 1966年4月1日
資本金 6,000万円
営業所

東京営業所
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-5-6 第10中央ビル
TEL:03-3241-2491 / FAX:03-3245-0765

アクセスはこちら

大阪営業所
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-8-12 オーク堺筋本町ビル10F
TEL:06-6262-2355 / FAX:06-6262-2385

アクセスはこちら

研究所

〒615-8245 京都府京都市⻄京区御陵大原1-40
TEL:075-382-1588 / FAX:075-382-1577

アクセスはこちら

品質管理
当社は品質管理の国際基準であるISO9001を全社で取得しております。
(2003年3月取得)

タブ1 終わり(公開サイトには表示されません)

タブ2(公開サイトには表示されません)

歴史 History

1966年 日本の三洋化成工業(株)と米国アボット社との合弁会社「サンアボット」を設立
1967年 世界初有機超強塩基「DBU」を創製、工業化に成功し用途開拓を開始
1970年 「U-CAT SAシリーズ」(DBU塩)を開発。ウレタン触媒、エポキシ硬化促進剤として市場開発を開始
1986年 外資親会社が米エアプロダクツ社に変わり、社名を「サンアプロ」に変更
1998年 DBUに替わる新規製品の市場、技術調査を開始。「光酸発生剤」を開発
2003年 光酸発生剤(光カチオン重合開始剤用)「CPI-100P、101A」を上市、製缶塗料、光造形樹脂市場への参入開始
2007年 非Sb、高活性化を特徴とした「CPI-200K」を開発、市場投入開始
2010年 i線高感度の「CPI-300シリーズ」を開発、電子材料市場へ参入
2016年 会社設立50周年。「光酸発生剤」の売上が順調に増加し、事業転換が進捗中
2017年 1月、外資親会社が独エボニック社に変更

タブ2 終わり(公開サイトには表示されません)

タブ3(公開サイトには表示されません)

出資会社 Investing Companies

三洋化成工業株式会社

三洋化成工業は全社員の約30%、毎年売上高の約5%を研究・開発機能に投入し、幅広い分野で多様な技術とノウハウを蓄積してきているパフォーマンス・ケミカルスメーカーです。

本社所在地 京都府京都市東山区一橋野本町11-1
設立 1949年11月1日
資本金 131億円
社員数 約2,000名(関連会社への出向者含む)
事業概要 生活・健康産業関連
石油・輸送機産業関連
プラスチック・繊維産業関連
情報・電気電子産業関連
環境・住設産業関連他

Webサイト

エボニックインダストリーズAG

エボニック インダストリーズAG(本社:エッセン、ドイツ)は、スペシャルティケミカルの世界的リーダーです。
世界25ヶ国に製造プラントがあり、100ヶ国以上で事業を展開しています。日本ではエボニック ジャパン(株)をはじめ、グループ会社とともに製品を提供しています。

本社所在地 ドイツ・エッセン Rellinghauser Straße 1—11, 45128 Essen,
Germany
設立 2007年9月12日
社員数 35,000名(2016年現在)
事業概要 化学品、飼料添加物、塗料等添加物、医薬品の製造・販売

英語Webサイト 日本語Webサイト

タブ3 終わり(公開サイトには表示されません)

タブ4(公開サイトには表示されません)

社長あいさつ  President Message 

      

夢を求めて         

2020年は世界中がコロナウイルスという大きな災禍に見舞われた年でした。飲食産業や旅行産業はもちろんのこと、多くの企業や学校等の活動が停滞し、人々の暮らしも様々な制限を受けることになりました。社会全体が大きなダメージを受けたといえるでしょう。

そんな中で、よかったことといえば、テレワークの普及が大きく前進したことではないでしょうか。これまでシステムとしてのテレワークは一部の会社では存在していたものの、実際の運用率は低く、まだまだ将来のことと思っていたものが、一気にポピュラーになりました。そして、さらに言えば、テレワークの先にある、かつては夢であった「ユビキタス社会」がDXと名を変えて、そう遠くない未来に実現するであろうというビジョンが見えてきたように思います。

さて、そんなDXの中で、仕事はどう変わるのか、社会はどう変わるのか、人々の暮らしは...考え出すと、きりがありません。ただ、新しい社会を実現するためには、それを支える新しい技術が必要となります。つまり、DX社会を支える膨大なデータのやりとり、そしてそれを処理するハードやソフト。それらは手持ちのリソースで足りるのか。おそらく想像を絶するレベルの量のデータを高速に正確に処理する必要性が出てくるでしょう。そこではさまざまなイノベーションが必要になると確信します。

現在、サンアプロは光酸発生剤を創り、販売しています。この光酸発生剤は今も半導体の製造や微細加工などに使用されていますが、私は、もっと新しい時代のイノベーションを支えるような化合物を世に出していきたい。飛躍的なイノベーションを可能とする、最先端のユーザーニーズに合った化合物を創生し、カスタマイズし、生産し、供給すること、それがこれからのサンアプロのミッションだと考えています。

202012

菅原 智

サンアプロの強み  Strong Point of SAN-APRO

サンアプロは有機合成技術を特徴とした研究開発に特化した企業で、特に熱/光応答性の酸・塩基発生剤開発をメインに、徹底したカスタマイズと品質の優位性で、フォトケミカル分野でのリーディングカンパニーを目指しています。

タブ4 終わり(公開サイトには表示されません)

タブ5(公開サイトには表示されません)

私たちが光のトリガーを演出

UX
サンアプロは、有機合成技術を駆使した特殊な触媒の研究開発に特化し、生産工場を持たないファブレス企業です。
ファブレスなので顧客のニーズに合わせた生産スケール、数量に対応できることが大きな強みと考えています。 
2020年からのコロナ禍により、2021年以降も大変な状況が続くと予想されます。
この変化の大きい状況でも弊社では、継続して顧客が市場へ新しい物を提案/供給するお手伝いをする(User Experience)
顧客と“成功するつながり”を共有できる(Serendipity)、そんな存在になりたいと考えています。 
この新しい弊社Websiteをご覧いただいた方々に、私たちは“光”と情“熱“を提供するTriggerになります!! 
弊社製品と共に、研究開発/営業の部隊を存分にご活用ください。 
以上
取締役 兼 UX推進部長
和田 一郎
R&D
サンアプロは、1966年に有機超強塩基のDBU®を世界で初めて工業化し、その用途開発を行い、医薬用原料中間体の製造のほか、ウレタン化触媒やエポキシ硬化促進剤など、自動車、半導体周辺など幅広い分野の発展に「特殊触媒のメーカー」として貢献してきた。2000年から開発に着手した光酸発生剤(PAG)を新たな製品ラインナップに加え、熱から光を利用した分野へと事業領域を広げている。
超強塩基や超強酸というシーズをもとに、顧客ニーズに基づいたカスタマイズ化を開発のベースに、時代の変化に柔軟に対応してきたもので、その土台(伝統)にあるのが、「まずやってみる」の精神。
直近では新型コロナ感染症によるリモートワークの普及もあり、IoTがさらに進展すると想定します。今後、様々な変化に対応した製品開発を行うため、社内組織(営研生)のみならず、顧客・サプライヤー・生産委託先や大学専門機関など一体となって「まずやってみる」のチャレンジ精神で、失敗を恐れず新たな価値(製品)の提案を行っていきたい。
以上
取締役 兼 研究所長
木村 秀基

タブ5 終わり(公開サイトには表示されません)

タブ6(公開サイトには表示されません)

アクセス  Access

研究所

住所 〒615-8245 京都府京都市西京区御陵大原1-40
TEL 075-382-1588
FAX 075-382-1577

東京営業所

住所 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-5-6 第10中央ビル
TEL 03-3241-2491
FAX 03-3245-0765

大阪営業所

住所 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-8-12 オーク堺筋本町ビル10F
TEL 06-6262-2355
FAX 06-6262-2385

タブ6 終わり(公開サイトには表示されません)

ここまで
(公開サイトには表示されません)

 会社案内

サンアプロの会社概要など

 製品情報

塩基発生剤、酸発生剤、SDS情報など

 お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください