超強塩基DBU®, DBN

DBU® および DBN は極めて強い塩基性を示す有機化合物です。 各種溶剤等との相溶性に優れ、多くの有機合成反応の触媒などとして有用です。 従来の 3 級アミンあるいは無機系の塩基性触媒を用いるよりも、より温和な条件で反応収率と選択性の向上を図ることができます。 また、各種の重合あるいは架橋反応の触媒としても使用されます。

D B U®

※この表は左右にスクロールできます

外観 無色~淡黄色液状
主成分 1,8‐ジアザビシクロ[5.4.0]ウンデセン‐7
構造式
主な性状 分子量 152
沸点(℃) 240
pH(1%) 12.8(水溶液) 13.7(IPA/水 10/6)
pKa 12.5
溶解性 水に可溶(徐々に加水分解を受ける)
多くの有機溶剤に可溶
用途 (1) 各種有機合成反応の促進
・脱ハロゲン化水素反応
・酸の脱離反応
・縮合反応とWittig反応
・Michael付加反応
・環付加反応、など

(2) 重合・架橋反応の促進(主に塩として使用)
・ポリウレタン化反応
・ポリイソシアヌレート化反応
・エポキシ樹脂の硬化反応
・含ハロゲンポリマーの架橋反応、など
特徴 有機超強塩基の代表グレードで、有機合成反応の触媒あるいは重合・架橋反応の触媒などとして広く利用されています。
化審法番号 (5)1117
荷姿 缶 18kg、ドラム 200kg
危険物分類 4類3石、水溶性

D B N

※この表は左右にスクロールできます

外観 無色~淡黄色液状
主成分 1,5‐ジアザビシクロ[4.3.0]ノネン‐5
構造式
主な性状 分子量 124
沸点(℃) 200
pH(1%) 12.9(水溶液)
pKa 12.5 12.7
溶解性 水に可溶(徐々に加水分解を受ける)
多くの有機溶剤に可
用途 (1) 各種有機合成反応の促進
・脱ハロゲン化水素反応
・酸の脱離反応
・縮合反応とWittig反応
・Michael付加反応
・環付加反応、など

(2) 重合・架橋反応の促進(主に塩として使用)
・ポリウレタン化反応
・ポリイソシアヌレート化反応
・エポキシ樹脂の硬化反応
・含ハロゲンポリマーの架橋反応、など
特徴 DBU と同様、各種用途への応用が可能。DBU に比べ塩基性が強く、高い触媒活性と反応の選択性が期待されます。
化審法番号 (5)6217
荷姿< 缶18kg、ドラム200kg
危険物分類 4類3石、水溶性